MS-IME用 選手名辞書ヘルプ
(テキストファイルからの作成編)



MS-IME2000(Windows2000・Me)以前のバージョンをご利用の際、下記の方法で利用可能と
思われます。
WindowsXP・WindowsVista・Windows7搭載のIMEでは
MS-IME2002以降用のものがそのまま
使えますので、この方法では行わずそちらをご利用下さい。
例ではMS-IME2002を使用しています。

1.「mbracers_ime.txt」のヘッダを適宜書き換えて下さい。(MS-IME用テキストファイル
  ヘッダはこの部分です。
   !Microsoft IME Dictionary Tool
   !Version:
   !Format:WORDLIST
   !
   !Output File Name:
   !DateTime:
  どのようなヘッダなのかは分かりかねますので、各自でお調べ下さい。
  参考までに、MS-IME2000ではこのようになります。
   !Microsoft IME Dictionary Tool 98
   !Version:
   !Format:WORDLIST
   !
   !Output File Name:
   !DateTime:
  配布しているファイルはMS-IME2002用のヘッダで、正しく書き換えないとエラーになったり、
  コメントが読み込まれなかったりするようです。

2.「mbracers_ime.txt」を「C:\Users\ユーザー名\AppData\Roaming\Microsoft\IMJP10」等に
  保存して下さい。
  MS-IME2000の場合「C:\WINDOWS\IME\IME_JP\UsrDicts」になりますし、WindowsやIMEの
  バージョンによって違ってくるようですので、手順6の「新規作成」の画面で場所を確認して
  下さい。
  この「mbracers_ime.txt」のファイル名は、半角英数字でないとエラーになるようですので、
  変更しない方が良いです。

3.IMEツールバーの「ツール」をクリックし、「プロパティ」をクリックして「Microsoft IME の
  プロパティ」を開きます。

4.アップデート時等、「システム辞書」にすでに「Microsoft IME 競艇選手名辞書」が登録
  されている場合は、選択してから「削除」をクリックし、最後に「適用(A)」をクリックして
  おいて下さい。
  続いて「辞書ツール」アイコンをクリックして辞書ツールを起動します。


5.「ファイル−新規作成」を開くか、新規作成アイコンをクリックします。


6.ファイル名に「ime2002_kyotei.dic」と入力し、「開く」をクリックします。
(ファイル名は、自分で
  分かれば何でもいいです。)
  2度目以降(更新時等)の作業の場合は元のファイルを削除しておいて下さい。
  この画面で見えている「imjp10u.dic」等(IME2000の場合は「imejpusr.dic」)は、これまでに
  学習されたあなた専用のユーザー辞書ですので、間違って上書きしたり削除しないように
  注意して下さい。


7.次に「ツール−テキストファイルからの登録」を開き、手順2で保存した「mbracers_ime.txt」を
  選択し、「開く」をクリックすると登録処理が始まります。


8.登録処理が終了したら、「失敗個数」が0であることを確認し、「終了」をクリックして閉じます。
  手順12の作業で確認を行うため、「登録個数」を控えておいて下さい。
  失敗個数が出た場合は手順4で説明した「適用(A)」のクリックがされていないと思われます。


9.ユーザー辞書「ime2002_kyotei.dic」の作成が終わりました。
  登録された単語の一覧が表示されています。
  このユーザー辞書「ime2002_kyotei.dic」は、次に行うシステム辞書の作成に必要なだけで、
  実際には辞書としては使用しません。


10.続いてシステム辞書の作成に移ります。
  「ツール−システム辞書の作成」を開き、ファイル名に「sys2002_kyotei.dic」と入力し、
  「開く」をクリックします。
(ファイル名は、自分で分かれば何でもいいです。)
  2度目以降(更新時等)の作業の場合は元のファイルを削除しておいて下さい。


11.下のような画面が表示されますので、後の作業で分かりやすいよう辞書名を変更します。
  デフォルトでは「Microsoft IME システム辞書」となっていますので、これを「Microsoft IME
  競艇選手名辞書」に変更し、「OK」をクリックすると作成処理が始まります。
  「著作権」の部分に作成者の名前を入力しても良いです。


12.作成処理が終了したら、「出力単語数」が手順8の登録個数と同じであることを確認し、
  「終了」をクリックして閉じます。

13.後は作成した「sys2002_kyotei.dic」を「C:\Windows\IME\IMEJP10\DICTS」等にコピーし、
  システム辞書の追加作業を行います。(続きは
こちら
  アップデートの場合は、「sys2002_kyotei.dic」を入れ換えるだけですが、先に辞書ツールを
  終了させないと「sys2002_kyotei.dic」の削除・上書きはできません。また、作業の前には
  手順5の画面で「Microsoft IME 競艇選手名辞書」をあらかじめ削除しておいて下さい。
  (最後に「適用(A)」を必ずクリックして下さい。)
  「sys2002_kyotei.dic」のファイルサイズが「ime2002_kyotei.dic」と同じくらいでない場合は、
  作成に失敗している可能性があります。(作業終了直後は作業前のファイルサイズが表示
  されている場合がありますので、「表示−最新の情報に更新」で確認して下さい。)

 

 


MS-IME用 選手名辞書ヘルプ(設定編)

選手名辞書 に戻る


Data & Link メニュー一覧

あっせん競走場別成績 選手名辞書 全選手名簿 リンク 周辺案内図 競走水面図

HOME