総展望(BOAT RACE宮島データニュースより転載)
11月19日〜11月24日 G3企業杯 第9回やまだ屋「桐葉菓」杯
初日(11月19日)第12R「やまだ屋ドリーム」出場予定選手
1号艇:4205山口 剛
2号艇:3556田中信一郎
3号艇:3590濱野谷憲吾
4号艇:4296岡崎恭裕
5号艇:4352下條雄太郎
6号艇:4397西村拓也


地元・山口が混戦断ってV王手だ! 田中、濱野谷、岡崎も互角のV圏内!

エンジン、ボートともに更新されて4節目の優勝賞金200万円が懸かるG3戦。エンジン気配もエース機出現の期待がかかる時期とあって主力陣の調整力が注目される。4205山口 剛、3556田中信一郎、3590濱野谷憲吾、4296岡崎恭裕らのSGタイトルホルダーが格上のハンドルで混戦シリーズをけん引するが、当地V15と圧倒的な実績を誇る山口がスリット仕掛けも鋭く4163山崎裕司や4398船岡洋一郎らを引き連れ、混戦を抜け出し、当地伝統のタイトル7月「岩田杯」に次ぐ今年地元4度目のVを狙う。田中濱野谷岡崎らも当地V実績もあり水面状況は把握している。山口の独走阻止に向けた田中らの巧腕捌きが互角のV候補に挙げられる。初日メインの「やまだ屋ドリーム」で対戦する4352下條雄太郎、4397西村拓也の全速戦もV戦線を縺れさせる。特に西村は7月、住之江G3戦で今年V4と近況も乗れているだけに侮れない。マスターズ世代の3233小畑実成や3273石田 豪、3360原田富士男らの熟練ハンドルも予選ポイントを確実に重ね賞典出走を狙ってくる。近況充実の走りを続ける3888山本英志や3907村越 篤、4140梶野学志、4342谷野錬志、4388是澤孝宏、4437中田元泰、4472尾嶋一広らも序盤でリズムに乗ればV本番進出も十分考えられる存在だ。成長著しい4566塩田北斗や4596葛原大陽、4739中村晃朋、4808松尾 拓らのスリット→コーナー全速で仕掛けるスピード戦も要警戒だ。
(その他にも、A1の3505山田竜一に、次期A2の3353前田光昭、3930岸本 隆、3981今坂晃広、4180上野秀和、4209藤田竜弘、4411沢田昭宏、4551三川昂暁、4641磯村 匠、4794和田拓也らも出場です。)


BACK
Miyajima Kyotei
HOME