総展望(BOAT RACE宮島データニュースより転載)
7月9日〜7月13日 第13回ヤクルトカップ
初日(7月9日)第12R「ヤクルトドリーム」出場予定選手
1号艇:3872岡田憲行
2号艇:3939渡辺真至
3号艇:3915繁野谷圭介
4号艇:4264長尾章平
5号艇:4451松崎祐太郎
6号艇:4532秋元 哲


当地相性を誇る岡田が混戦を断つ! 好調・秋元、長尾、松崎も侮れぬ!

準優制で5日間のミドルシリーズ。A級18選手の内A1が7人と3日間の予選道中は賞典出走を視野に序盤から厳しい攻防が展開され思わぬ伏兵の台頭も考えられ高配の飛び出しが期待される。初日メイン「ヤクルトドリーム」1枠の3872岡田憲行がイン速攻仕掛けてDR発進から混戦シリーズの主導権を狙う。岡田は'97年9月「新鋭リーグ」で初出走して以来、当地は22節参戦して優出11回、V3の好走実績を残している。'14年11月「男女W優勝戦」以来の当地V4を視野に岡田の全速戦が予選上位通過を狙う。期替わり5月に多摩川で優勝の4264長尾章平や浜名湖Vの4451松崎祐太郎、そして戸田で今年初優勝した4532秋元 哲らも近況の好リズムに乗りV本番進出を狙ってDR戦からスリット攻勢をかけてくる。特に秋元はVこそないものの当地優出4回と好走実績があるだけにV候補の一角へ名乗りを挙げる展開も十分だ。3939渡辺真至や3915繁野谷圭介の81期コンビの巧腕もV争いを縺れさせる。知り尽くした地元水面の利を生かし序盤からパワー全開で予選突破を狙う3663木山和幸や4574東 潤樹の奮起駆けも軽視出来ない。3497後藤 浩や3505山田竜一、3684清水攻二、4133高橋正男らの自在ハンドルも混戦抜け出し賞典出走の展開も侮れない。
(その他にも、A2の4082濱崎 誠、4351里岡右貴、4555富永大一、4572渡部 悟らも出場です。未勝利の5046松山裕基、5048眞鳥康太の水神祭にも期待?)


BACK
Miyajima Kyotei
HOME