総展望(BOAT RACE宮島データニュースより転載)
6月17日〜6月21日 第9回富士通フロンテックカップ(男女混合)
初日(6月17日)第12R「モンタドリーム」出場予定選手
1号艇:4290稲田浩二
2号艇:3232山川美由紀
3号艇:4295小坂尚哉
4号艇:4584村岡賢人
5号艇:4760山崎 郡
6号艇:4772石丸海渡


稲田がDR発進から主導権を握る! 山川の紅い航跡もV候補の一角だ!

男女混合で覇が争われる5日間のミドルシリーズ。主力陣の力が拮抗して混戦必至の戦いは好配の飛び出しが期待される。そんな中、初日メインの「モンタドリーム」1枠に納まる4290稲田浩二がS仕掛けも軽快に押し切り混戦シリーズの主導権を握る。稲田は'04年9月当地でデビュー初優出から初優勝。ことあとも'17年6月「ヤクルトカップ」で優勝、前走1月「G3 やまだ屋『桐葉菓』杯」でも優出2着と水面相性を誇る稲田が当地V3を視野にDR発進から予選上位通過を狙う。4295小坂尚哉や4584村岡賢人もスピード戦を展開してV候補の一角へ食い込む。ルーキーシリーズで着実に力をつけてきた4760山崎 郡と4772石丸海渡の全速戦も破壊力が有るだけに序盤でリズムに乗ればV本番まで一直線に突き進む展開も十分だ。女性陣の先頭に立つのは'17年3月、新設された「G2 第1回レディースオールスター」優勝を含め当地優出20回、V4の水面実績を誇る3232山川美由紀。G1初優出が'96年7月丸亀周年5着、初優勝は'99年2月鳴門「四国地区選手権」と混合戦での実績も申し分ないものだ。今大会もV候補の1人として軽快なハンドリングから放つシャープな攻めが男性陣を苦しめる。3686鳥居塚孝博や3992関口智久、4850野中一平らのA1ハンドルや4798浜先真範、4856豊田健士郎、4926吉川貴仁らの気合駆けも侮れない。
(その他にも、次期A1の4650中山雄太に、A2の3175渡辺千草、3343齊藤寛人、3350藤本佳史、3653品川賢次、4776竹田和哉、4847佐藤隆太郎、次期A2の3282池本輝明、3863海老澤泰行らも出場です。未勝利の4987島倉 都の水神祭にも期待?)


BACK
Miyajima Kyotei
HOME