総展望(BOAT RACE宮島データニュースより転載)
12月3日〜12月6日 第3回中国新聞販売センター杯(男女混合)
初日(12月3日)第12R「モンタドリーム」出場予定選手
1号艇:3719辻 栄蔵
2号艇:3284渡邊伸太郎
3号艇:4123細川裕子
4号艇:4066東本勝利
5号艇:4227安達裕樹
6号艇:4369丹下 将


辻の格上捌きが混戦断ってV王手! 近況充実の安達もVの一角を狙う!

師走シリーズ第1戦は4日間の準優制でVが争われる男女混合の短期決戦。実質予選は2日間とあって一走の取りこぼしが賞典出走の道を断つ展開もあるだけに序盤の戦いから緊迫の攻防で思わぬ高配の飛び出しも期待される。初日メイン「モンタドリーム」出場メンバーは6着でも5点と得点増しのアドバンテージが与えられているだけに有利だ。特に1枠に陣取る地元・3719辻 栄蔵は9月桐生「G1 62周年記念」→芦屋「一般戦」で連続優勝。10月児島「G1 66周年記念」連続優出5着と好走。転戦の戸田「G1 62周年記念」では準優10Rでプラス01の勇み足に散ったが、直後の江戸川「G2 MB大賞」は優出6着とFハンディを感じさせなかった。11月期替わりから事故点も取れているだけに当地G1 1回を含むV14の絶対的な相性を誇る地元水面でがDR発進からV本番まで一気に駆け抜け混戦シリーズの主導権を握る。'19年前期、優出5回V2から7点アップのA1を維持した4227安達裕樹。6月当地の「G2 MB大賞」優出3着と好走の安達が10月津→丸亀で連続Vを飾り充実の走りを展開しているだけににとっても侮れない。3284渡邊伸太郎や4066東本勝利、4369丹下 将らのA1ハンドルもV候補の一角を狙う。8月桐生「G1 レディースチャンピオン」4着した4123細川裕子の紅い航跡も軽視出来ない。
(その他にも、A1の3838伊藤啓三に、次期A1の4163山崎裕司、A2の2930新良一規、3075中村裕将、3538菊池峰晴、3837秋山広一、3994茶谷 桜、4011堀之内紀代子、4128川口貴久、4363大野芳顕、4375照屋厚仁、4590渡邉優美らも出場です。)


BACK
Miyajima Kyotei
HOME