総展望(BOAT RACE宮島データニュースより転載)
4月12日〜4月17日 第9回ジャパンネット銀行賞
初日(4月12日)第12R「モンタドリーム」出場予定選手
1号艇:3909佐々木康幸
2号艇:4043桐本康臣
3号艇:4101三井所尊春
4号艇:4188久田敏之
5号艇:4072森永 淳
6号艇:4259真庭明志


佐々木が期末のV取りの主導権握る! 三井所、森永の全速戦もV圏内だ!

来期(7月以降に適用)の級別決定を集計する期末月の戦いは、勝率だけでなく出走回数や事故率が気にかかる選手にとって厳しい戦いを強いられる。初日メインの「モンタドリーム」1枠に陣取る3909佐々木康幸が7点に迫る勝率を稼ぎ、12月多摩川、1月津の優勝を含めて優出8回と好走を続けている。当地でも'07年「G1 開設53周年記念」を含めV4と水面相性を誇っている。今大会も内寄り主体のコース取りからS仕掛けも軽快に佐々木のSGハンドルがV戦線の主導権を握る。対して4101三井所尊春と4072森永 淳が出走回数と事故率に苦しんでいる。勝率をキープしながらA1は90走以上、A2は70走以上で事故率は0.70以下の規定をクリアする戦いが今大会も強いられている。三井所森永のスピードに乗ったコーナリングで難局を乗り切りV戦線に食い込み佐々木の独走に歯止めを掛ける。4043桐本康臣や2月唐津でV逃げを決めた4188久田敏之、2月若松「G1 九州地区選」優出4着の4259真庭明志らもV候補の一角を占める。ドリーム組の他でも当地で2月「スカパー!・JLC杯」6着の3347矢後 剛や、'17年7月「ポカリスエットカップ」4着の3463乙津康志、1月「8代目ヘビー級王決定戦」3着の3967鈴木茂高らの雪辱期した奮起駆けもV進出圏内だ。
(その他にも、A1の3901松田憲幸、3933山地正樹に、A2の3343齊藤寛人、3458東 健介、3553平池仁志、3566川添英正、3619長谷川充、3697勝野竜司、3906飯山晃三、4306畔柳俊吾、4466南 佑典、4471新田泰章らも出場です。未勝利の4955福田慶尚、4957竹之内極の水神祭にも期待?)


BACK
Miyajima Kyotei
HOME