総展望(BOAT RACE宮島データニュースより転載)
3月10日〜3月15日 中日スポーツ賞 中国VS近畿VS東海3地区決戦
初日(月日)第12R「モンタドリーム」出場予定選手
1号艇:4205山口 剛
2号艇:3022西山昇一
3号艇:3721守田俊介
4号艇:4055吉田俊彦
5号艇:3362間嶋仁志
6号艇:4398船岡洋一郎


山口の速攻が混戦断ってV最右翼! 守田、吉田俊もVに照準合わせる!

中国・近畿・東海の3地区から選抜された48選手が各地区の意地と個人優勝を懸けて激突する混戦必至の大会。特に気合が入っているのは地元・広島支部を軸とした中国勢だ。'18年元旦、当地でVロードをスタートさせた4205山口 剛。2月徳山「G1 64周年記念」準優Fに散った山口だがFハンディを感じさせない速攻仕掛けて、A1復活を決め2月住之江で優勝と勢いに乗る4398船岡洋一郎とともにVに照準を合わせ大会に臨む。G1 1回を含む当地V8の古豪・2844田中伸二や3684清水攻二、3815森岡満郎らもV本番進出を視野に予選突破を狙う。近畿勢の3721守田俊介も'09年12月「日刊スポーツ栄光楯」、'10年1月「岩田杯」、'11年5月「日本財団会長杯」の3連続優勝を含めて当地V6と水面相性を誇る。当地初Vを狙うG1 3回を含むV51の4055吉田俊彦や3548室田泰史、1月鳴門「ルーキーシリーズ第1戦」で優勝の4659木下翔太らとともに序盤からパワー全開で大会に挑む。'10年、'11年当地名物タイトル「ヘビー級王決定戦」を連覇している4012中村有裕もV候補の1人として軽視出来ない。東海勢は3022西山昇一や3327野長瀬正孝、3362間嶋仁志らのマスターズ世代が熟練さばきを発揮してコーナリングも的確に混戦を抜け出しV本番進出を狙う。
(その他にも、A2の3620信濃由行、3930岸本 隆、3931黒崎竜也、4179広次 修、4257古川 健、4342谷野錬志、4509平見真彦、4543重木輝彦、4832権藤俊光らも出場です。未勝利の4955福田慶尚の水神祭にも期待?)


BACK
Miyajima Kyotei
HOME